八王子市の賃貸アパート・マンション情報はセンチュリー21,金子不動産

金子不動産株式会社

 
042-665-2100
9:00 - 18:30 (毎週水曜日 定休)

お電話は042-665-2100までお気軽におかけ下さい

絞り込み 検索ワードを+(半角プラス)で区切ってください
例) 三鷹+マンション
OR 検索ワードを,(半角コンマ)で区切ってください
例) 三鷹,マンション
[金子不動産のスタッフ紹介]私たちが賃貸物件をご案内します

社長日記 センチュリー21
業者間通信ReQs

賃貸に関するコラム

賃貸物件で加湿器を使用する際の注意点2017/05/15

秋から冬にかけて、日本列島の空気は大きく乾燥します。
乾燥した空気は細菌やウイルスの温床となりますから、加湿器を使ってお部屋の湿度を上げることを試みる人も多いと思います。
賃貸物件では、この加湿器の使用にも注意が必要です。
退去する際の原状回復義務の中に、壁紙等の交換が契約内容として盛り込まれている場合、加湿器の使用が敷金の返還額を大きく左右するからです。
壁紙は多少ふやける程度であれば大家さんの方で負担してくれるかもしれませんが、カビに発展するとなかなか難しいのが現状です。
加湿器を長時間使用していると、お部屋の中に水分が溜まってきます。
眼には見えなくても、空気中の水分が増えるとカビや結露の現認となるため、こまめな喚起をする必要があるのです。
2~3時間加湿器を使用したら、10分程度お部屋全体を換気するようにしましょう。
加湿器に設定する湿度にも要注意です。
湿度60パーセント以上の状態で加湿器を使用していると、結露やカビが発生しやすくなります。
空気を吸うだけで喉が痛いといった症状が現れている人以外は、40~50パーセントに留めておくと物件の壁紙やガラスを痛めにくいのです。
いくら加湿器を使っていても、中に入っている水が汚れていては意味がありません。
毎日水を交換するのはもちろんですが、加湿器の説明書に従って定期的にお手入れすることも忘れないでください。
加湿器が自分のお部屋の広さに合っているかどうかも、購入前に確認しておくことをおすすめします。
壁紙を気にすることなく加湿器を使いたいという人は、賃貸でも使える壁紙を利用してもともとの壁紙を守るのも有効です。
自分の身体だけではなく、賃貸物件にも優しい加湿器の利用を心掛けてください。
 

金子不動産の公式サイトはこちら
売買物件をお探しの方はこちら
地図から探せるいきなりマップ
ファミリー向け賃貸情報
学生さん向けワンルーム
八王子市の店舗・事務所

お客様の声