八王子市の賃貸アパート・マンション情報はセンチュリー21,金子不動産

金子不動産株式会社

 
042-665-2100
9:00 - 18:30 (毎週水曜日 定休)

お電話は042-665-2100までお気軽におかけ下さい

絞り込み 検索ワードを+(半角プラス)で区切ってください
例) 三鷹+マンション
OR 検索ワードを,(半角コンマ)で区切ってください
例) 三鷹,マンション
[金子不動産のスタッフ紹介]私たちが賃貸物件をご案内します

社長日記 センチュリー21
業者間通信ReQs

賃貸に関するコラム

賃貸物件におけるベランダの使い方2017/04/17

マンションやアパートのような賃貸物件で暮らすということは、直接的では無くても他人と暮らすことを意味します。
そんな賃貸物件の中でも、特殊な環境にあるのがベランダです。
賃貸物件のベランダを有効活用する方法を探っていきましょう。
最初に注意していただきたいのが、ベランダは共有区域であるという点です。
個人の部屋に付属していますが、災害などから逃げるときはベランダを通ることが許されています。
いわゆる、廊下やエレベーターと同じと考えてよいでしょう。
共有スペースであるベランダにゴミが入った袋などを溜めてしまうと、避難するときの妨げになりますから、こまめにお掃除しておくことをおすすめします。
こうしたスペースで喫煙をするのは遠慮した方が良いでしょう。
契約内容にベランダでの喫煙の禁止が明記されていることもありますが、そうでなくても喫煙を控えるのがマナーです。
煙草の煙が洗濯物についてしまうと、臭いが落ちないため迷惑する人もいます。
お部屋の壁紙を汚したくないという人は、喫煙所が設置されている賃貸スペースを借りる、喫煙可能な飲食店や喫茶店の近くにお部屋を借りるといった対策をとりましょう。
共有スペースではあるベランダですが、いざというときの避難経路としての役割が果たせていれば、ある程度自分の好きなように活用しても構いません。
小さな椅子とテーブルを置けば、晴れたときは日差しを浴びながら優雅に過ごすことが出来ます。
プランターを使えば、ちょっとしたガーデニングもお手軽に楽しめるのです。
ただし、あまりにもベランダで過ごすのが楽しすぎて、避難経路としての本分を忘れないように気を付けましょう。
 

金子不動産の公式サイトはこちら
売買物件をお探しの方はこちら
地図から探せるいきなりマップ
ファミリー向け賃貸情報
学生さん向けワンルーム
八王子市の店舗・事務所

お客様の声