八王子市の賃貸アパート・マンション情報はセンチュリー21,金子不動産

金子不動産株式会社

 
042-665-2100
9:00 - 18:30 (毎週水曜日 定休)

お電話は042-665-2100までお気軽におかけ下さい

絞り込み 検索ワードを+(半角プラス)で区切ってください
例) 三鷹+マンション
OR 検索ワードを,(半角コンマ)で区切ってください
例) 三鷹,マンション
[金子不動産のスタッフ紹介]私たちが賃貸物件をご案内します

社長日記 センチュリー21
業者間通信ReQs

賃貸に関するコラム

賃貸物件でもおしゃれなムードを演出するには?2017/02/06

賃貸物件の多くは、自分の手でリフォームを行うことが禁止されています。
大家さんや不動産業者からお部屋を借りているため、不必要な改築が禁止されるのは当然です。
そんな賃貸物件でも、ある部分を工夫することでよりおしゃれなムードへと様変わりするのです。
そのある部分とは、照明になります。
照明には直接照明と間接照明の2種類が存在します。
直接照明とは光が直接部屋を照らすことで、作業などをしやすいのが特徴です。
一方間接照明とは家具や壁に光を反射させて、幻想的なお部屋に仕上げる照明のことを指します。
間接照明を上手く扱えば、大規模なリフォームをしなくてもお部屋の雰囲気をおしゃれに変えられるのです。
間接照明のコツは、大きな家具や壁に向けてライトを照らすことです。
ものに反射した光は、柔らかく温かなイメージを抱かれます。
ソファーやテレビの後ろに、蛍光灯などを置くだけでも充分幻想的です。
家具やソファーを照らすときは、なるべく腰よりも低い位置から照らすようにしましょう。
自分の目線よりも高い場所に光があると、光の拡散するスペースが大きくなってしまい間接照明としての意味を成さないからです。
スポットライトなどを壁の上方に吊るすという間接照明の方法もありますが、それを実行する場合には低い位置にも照明を設置してバランスをとると良いでしょう。
一般的に、間接照明では電球のようなオレンジに近い色の光が好まれます。
白色の光は明るすぎるため、間接照明には向かないのです。
例えお部屋があまり広くなくても、関節照明を上手に使うことでムードを高められます。
お気に入りの空間へと変えるために、ぜひ挑戦してみてください。

金子不動産の公式サイトはこちら
売買物件をお探しの方はこちら
地図から探せるいきなりマップ
ファミリー向け賃貸情報
学生さん向けワンルーム
八王子市の店舗・事務所

お客様の声