八王子市の賃貸アパート・マンション情報はセンチュリー21,金子不動産

金子不動産株式会社

 
042-665-2100
9:00 - 18:30 (毎週水曜日 定休)

お電話は042-665-2100までお気軽におかけ下さい

絞り込み 検索ワードを+(半角プラス)で区切ってください
例) 三鷹+マンション
OR 検索ワードを,(半角コンマ)で区切ってください
例) 三鷹,マンション
[金子不動産のスタッフ紹介]私たちが賃貸物件をご案内します

社長日記 センチュリー21
業者間通信ReQs

賃貸に関するコラム

退去依頼が出されたら?2017/01/08

賃貸契約は、あくまで他人の建物を間借りしている状態です。
何らかのアクシデントが発生したせいでその物件から退去しなければならない状況も生まれてくるでしょう。
そんなときに焦らないためにも、退去に関する決まりや流れについて知っておく必要があります。
退去を命じる場合、貸主側は退去の6ヶ月前までに借主に対して通達する義務があります。
今すぐ荷物をまとめて出ていくように指示することは出来ないのです。
そして、退去させるには相当の理由が不可欠になります。
建物の老朽化や災害によって家屋が損害を被ったなどが一般的です。
借主側に全く瑕疵が無い場合は、不動産業者や大家さんに説明会を開いてもらうと良いでしょう。
相当な理由を明らかにしないまま退去させることは違法だからです。
この説明会の中で納得がいかない場合には、訴訟まで発展するケースも見受けられます。
もし納得したようであれば、不動産業者や弁護士事務所などを訪れてこれからどうしたら良いのかを相談することをおすすめします。
不動産業者の都合で退去したのであれば、通常よりも安く別のお部屋を借りられることがあるからです。
弁護士に相談することによって、立退料に関する交渉がスムーズに進みやすくなります。
立退料とは、貸主の都合で退去してもらった際に発生した借主側の損害を補填するお金のことをいいます。
予定外の引っ越しにかかるお金やお部屋をみつけるのにかかった費用を前払いするという形です。
立退料については、相場というものがありません。
損をしないためには、自分が急な引っ越しによってどれだけ損害を受けることになるかを明らかにしておくことが大切です。
引っ越しや新たな物件に入居するのにかかるお金を見積書として提出しておく良いでしょう。
 

金子不動産の公式サイトはこちら
売買物件をお探しの方はこちら
地図から探せるいきなりマップ
ファミリー向け賃貸情報
学生さん向けワンルーム
八王子市の店舗・事務所

お客様の声